今日本では節電が大変注目されています。電車の照明を落としたり、冷暖房の温度を見直したり、企業でも個人でもさまざまな節電の取り組みが行われています。このサイトでは、そんな節電のアイディア方法をご紹介していきます。

節電の説明

2011年3月11日に発生いたしました、東日本大震災以来、「節電」という言葉を大変よく耳にするようになりましたね。もちろん、それ以前にも節電という言葉はありましたし、エネルギーの節約の一環として、または家計の節約方法のひとつとして普通に耳にする言葉ではありました。

この節電という言葉の意味を、知らないという方は、小さいお子さん以外にはいないとは思いますが、念のため・・・節電とは電気を節約するということです。電気の節約というのは、皆さんがたがご自宅や勤務先などで使用している電気の使用量を少なくするということです。

東日本の大地震と大津波によって、東京電力が福島県に所有していた福島原子力発電所が事故を起こしてしまい、これまでに類を見ないような電力不足となり、改めて「節電」がクローズアップされてきたのです。

大地震直後は、首都圏の電力が大幅に発電されなくなったということで、節電を呼び掛けながら計画停電なるものを行っていました。しかし、停電が多すぎる地域があったり、ほとんど停電にならない地域があったりで、あまり良い計画とは言えませんでした。節電のほうは、皆さん一生懸命に協力してくださっているようで、電力不足も解消されてゆき、計画停電も一時的に中止となりました。
これは、暖房器具を必要としない気温になってきたことも大いに関係しています。

このように、気温に大きく影響される消費電力量ですので、今後もまたいつ計画停電が呼びかけられるかわかりません。安定した電力供給が可能となるまでその可能性は続きます。

原子力発電所に関しましては、放射線の問題なども大きくとりあげられていますが、今回このブログでは、節電のほうに焦点を当てて話を進めてゆきたいと思います。



●見る価値ありかも!優良サイト●

コーチバッグの新作を格安で買える コーチバッグの通販サイト。特に新作を格安価格にてのご提供




☆★☆おすすめ☆★☆

プリントTシャツを製作できる専門店
プリントTシャツのオリジナル製作が可能な、専門のネットショップとなります。

▲このページのトップへ